掲示板

コメント: 17 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    山内 郁子 (金曜日, 02 12月 2011 09:54)

    私の子育ては終わりましたが、子育て中の気持ちを思い出し、原子力の安全神話を容認してきた世代だという自覚で、できることはしないといけない、と思っています。藤沢市だけでなく隣市の動き(特に横浜、川崎)の動きも見ていきたいと思っています。

  • #2

    savekidsfujisawa (金曜日, 02 12月 2011 12:48)

    山内様、早速にコメントありがとうございました。この会は、自分のこどもはもちろんのこと、こどものこども(孫)、未来のこども、藤沢市内のこども、など「自分のこどもを守ろうと思えば、他のこども達も守ることにつながる」と認識しております。県内他都市との連携も近日中にスタート予定です。ご存知かもしれませんが、
    川崎は http://komamoru.jimdo.com/、 
    横浜は http://yokohama-konan.info/
    鎌倉は http://5nenngo10nenngo.web.fc2.com/
    逗子葉山は http://savezuyochildren.wordpress.com/about/

    です。今後もご支援宜しくお願い致します。

  • #3

    笠倉です。 (金曜日, 09 12月 2011 23:26)

    前月末足立区から引っ越しました。足立区の子供を守る会の署名活動から、全国各地に親達が発足した活動があることを知りました。給食問題が大きな課題ですね。情報を共有して活動に参加したいと思います。よろしくお願いいたします。

  • #4

    (土曜日, 10 12月 2011 10:40)

    小学校の修学旅行の行き先に関して取り上げてもらいたいです。

  • #5

    savekidsfujisawa (土曜日, 10 12月 2011 10:54)

    笠倉様、投稿ありがとうございました。恐れ入りますが、入会/メーリングリスト参加にはお名前、居住エリア、メールアドレスが必要となりますので、savek.i.d.s.fujisawa@gmail.com まで入会ご希望の旨メールをいただけますでしょうか?どうぞ宜しくお願い致します。

  • #6

    savekidsfujisawa (土曜日, 10 12月 2011 10:59)

    親様、投稿ありがとうございました。当会においても、修学旅行先変更などについて学校に働きかけたメンバーがおります。その際の資料など掲載できるようにいたしますが、まだ大きな動きにはできておりません。修学旅行を遠くない未来に控えたお子様をお持ちでしたら、是非私どもと一緒に学校への働きかけをおこなっていきませんか?ご検討のうえ、savek.i.d.s.fujisawa@gmail.com までご連絡頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

  • #7

    ogino (火曜日, 24 1月 2012 11:15)

    小学5年生の子を持つ母親です。修学旅行を控えています。
    綾瀬の市議会議員さんが、日光周辺の放射線量測定をされてるのでその数値を見て、やはり行かせたくありません。市が変更してくれる様に、どうにかしたいと考えてます。

  • #8

    savekidsfujisawa (水曜日, 25 1月 2012)

    ogino様、コメントをいただきましてありがとうございました。昨年12月に2011年度における学校への働きかけを投稿してから、修学旅行プロジェクトは進展がまだございません。お隣の横浜市では、署名を集めての反対活動も行われていたり、不安な気持ち、問題意識をもった親御さん達が集まって、新たなアクションがうまれてきています。是非私どもと一緒に学校への働きかけをおこなっていきませんか?ご検討のうえsavek.i.d.s.fujisawa@gmail.com までご連絡頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

  • #9

    BigPapa (日曜日, 18 3月 2012 08:39)

    本町小学校に子供が通う父親です。去年、RAE2で学校近隣のマンション「フラット湘南」の雨樋の下の花壇で0.8マイクロシーベルト毎時を計測し、市の災害対策課に連絡しましたが、民地に介入出来ないと言われました。
    そんなわけないと思うのですが、そのままになっていました。こちらで相談すればよかったのですね。ひとまずご報告です。

  • #10

    二児の親 (木曜日, 22 3月 2012 12:41)

    先日チラシを頂いたので、ちょっと陳情内容を確認させていただいたのですが、検査で安全性が確認されたのなら、どこの産地のものでも使用していいのではないですか?
    とにかく永久に避け続けるのでしょうか?
    それと修学旅行先ですが、東北と北関東という大雑把な括りはどうなのでしょう?例えば南関東であったら柏や東葛地区はいいのですか?秋田や青森は?

    「むやみに放射能を恐れるのではなく」がコンセプトだったと思うのですが。

    せめて、これ以上はダメ、という数値でラインを引かないと、共感は得られにくいと思いますがいかがでしょうか?

  • #11

    北の 次郎 (土曜日, 31 3月 2012 22:00)

    このような、コメントを見ると悲しくなる。東北の放射能が心配なら、同じ様にタバコの副流煙、飛行機での旅行もカウントするべきでは。福島原発の10km圏外は、タバコの害よりずっと安全。飛行機、CTスキャンは何十倍も害がある。

  • #12

    fumiko (土曜日, 12 5月 2012 22:49)

    地元に根付いた復興支援や全国の疎開・移住情報、安全な食材の宅配会社や放射能社会を生き抜く知恵などを載せています。

    自分でできる除染の方法や、放射能を排毒する玄米菜食についても紹介していますので良かったら参考にしてください。

    【 復興支援・疎開・移住と放射能情報を集めるブログ 】
    http://ameblo.jp/fumiko-am/

  • #13

    千早 (月曜日, 21 5月 2012 15:41)

    皆さん、こんにちは。

    反原発の替え歌を作って、ネットにアップしたので
    今後もしデモに参加されるときなどに歌ってください。

    『止めろよ原発!』 - みんなで歌おう 反原発ソング
    http://insidejobjp.blogspot.com.au/2012/05/blog-post_18.html

    福島はまったく収束などとは程遠いし、今後の再稼動や瓦礫の拡散をなんとかして止めないといけませんので。

    今後も、それぞれの場で頑張りましょう!

  • #14

    高橋裕子 (水曜日, 25 7月 2012 19:05)

    【鎌倉の子供たちに安全な給食を!子供たちの内部被曝の一番大きな原因は無関心。STOP無関心。No!放射能。さまざまな守る会が全国に広がっています。行政に頼るだけでなく、私たちに今できることを考えます。】

    放射能を拡散する政府・業界の狂気を止めよう、ゴミ行政を市民の手に取り戻そう!という趣旨の集会に行ってきました。
     神奈川県、東京都の6団体の報告とジャーナリスト山本節子氏(鎌倉在住)の基調講演の二部構成。
     以下ご報告とお願いがあります。

     がれき問題は、大きな流れでは子供のいのちを守る運動の一部だと考えます。この集会に集まった方々は、横須賀、逗子、横浜のこどもの給食の放射能からの安全性を考える人たちも含まれております。みな様の問題意識も高く、これからも力を合わせて、行政に訴えて行こうと盛り上がりました。町田、多摩市など東京都の団体の方もいらしていました。

    環境省は2012年5月、がれきの量を大幅に下方修正し、、さらに6月に岩手県の可燃物処理は、ほぼ目途がついたと発表。ところが、『広域処理』は止めようとはsず、そのころから急浮上してきたのが不燃物と漁具・漁網でした。
     ところが、そのがれきはクロム・ヒ素などの猛毒で汚染されていました。とそれを明かしたのは細野環境大臣です。7月5日モーニングバード「そもそも総研」参照。
     猛毒物質を含む瓦礫を「埋めてはいけない」なら、その有毒瓦礫と一体となっている漁具・漁網も埋められません。
     漁網は、地元でも委託を受けた会社(エコス米沢)が処理していますが、エコス米沢に埋めた釜石市の漁網の放射線量は880bq~50bq以下。横須賀市長谷川市議によると、神奈川県受け入れの行もうは100bq以下を搬入するとしていますが、分別もされず放置されている漁網について、100bq以下のものという分別が可能かどうかも不明です。

    神奈川県の黒岩知事は、昨年12月に瓦礫受入れを表明し、横須賀市芦名地区にある県の産業廃棄物の最終処分場で焼却、埋め立てを計画しました。この7月それを、対象を漁網に限り、焼却せずに埋め立てる計画に変更し、来週中にも反対住民に説明し、理解を求めたいとしています。
     しかし、知事は、秘密裡に芦名の連合町内会役員にだけ新提案を配布。
     県のその書類には、取扱い注意とあります。 連合町内会に届けたのは、横須賀市職員とのことです。
     7月26日木曜日午後7時半より、横須賀西コミュニティセンターで開催予定の役員会に、黒岩県知事を迎えて話し合うことが決定されていました。
     新提案には「漁具・漁網5万4千トンをお願いしたい」と明記されており、知事と会えば、芦名の「協定書」の書き換えが話し合われるのは間違いないことです。
     町内会はこのことを住民に知らせていません。このような水面下の一部の役員だけで進めるやり方をストップしなくてはなりません。

      7月26日 午後6時に皆様どうぞ西コミュニティセンターへお集まりください。
     芦名だけの問題ではなく、これは神奈川県民全体の問題です。

     御一緒頂ける方、いらっしゃいましたら高橋までお声掛けください。
     御一緒に行きましょう。

     参照:神奈川を瓦礫から守る会
         http://blog.livedoor.jp/kanagawamamoru/

     山本節子氏ブログ

  • #15

    hit (日曜日, 16 9月 2012 22:58)

    6年生の娘を持つ親です。
    今月末修学旅行があるのですが、行かせない事にしました。
    ですが、どうやら今通っている学年内で修学旅行に行かないのは
    我が家だけのようで…
    子どもの将来考えると、自分の判断では行かせられないと思ったので、
    気持がぶれないようにとは思っているのですが、学年内でうちの子どもだけが
    行かないと聞くと不安な気持になります。
    皆さんのご意見を聞かせて下さい。

  • #16

    <湘南反原発連合><核-原子力事故救援NGO HCR> (日曜日, 23 9月 2012 09:10)

    来る10/7(Sun)に「反原発!湘南・怒りのサウンド・デモ in 江ノ島」を招集する事になりました!
    もしお時間があれば是非参加してみてください!!
    お仲間にも拡散していただければ幸いです。よろしくお願い致します。

    facebookページ
    https://www.facebook.com/events/122773431203689/

    <湘南反原発連合><核-原子力事故救援NGO HCR>

  • #17

    yumikamijo (日曜日, 28 10月 2012 23:46)

    うちは上の子がまだ2年生ですが、修学旅行先がとても気になります。
    わざわざ汚染度の高い所に子ども達を連れて行き、屋外活動をさせることに疑問を感じます。
    外部被ばくだけでなく、内部被ばくのリスクについてもっとたくさんの人に知ってもらって子ども達を守りたいです。
    同じ思いの方に一緒に活動して頂きたいです。

市民による市民のための放射線量測定。参加者・情報提供募集中です!
市民による市民のための放射線量測定。参加者・情報提供募集中です!
メンバーやお友達が紹介する、比較的安心して食べられるもののページです。
メンバーやお友達が紹介する、比較的安心して食べられるもののページです。

Twitter