藤沢市における給食放射能対策

藤沢市は昨年11月より、公立の小学校・特別支援学校および公立保育園における、食材の検査体制拡充を実施(市の発表内容)、現在に至っています。

 

(1)月〜金曜日、1日1品目の食材を測定、検査結果をHPで公開

   学校給食食材測定検査結果

   保育園給食の食材測定検査結果

(2)上記の検査予定表を事前にHPで公開

   学校給食の検査予定表

(3) 1週間分の給食丸ごとミキサー検査測定、検査結果をHPで公開

   学校給食1週間分の測定検査結果

   保育園給食1週間分の測定検査結果

(4)使用食材の産地公開(予定および実績)

   学校給食の食材産地

   保育園給食の食材産地

 

給食関連ニュース (9/8更新)

2011年12月5日に藤沢市議会より「趣旨了承」(可決)をいただいた、当会の給食における安全対策を求める陳情ですが、この結果は、市の対策実施に関し、法的な拘束力をもちません。 陳情の結果は、市の各執行機関に送付されますが、その後どうなったかを知るには、各担当部署に連絡をとったり、市の広報発表を確認する必要があります。

2012/9/8 今後の給食対策について教育委員会と面談(2012/6実施)

当会が2012年6月市議会に提出した、給食の安全を求める陳情審議において、答弁に立った藤間副市長は「放射能による健康被害についての明らかな知見は認められない。市独自の食材中止基準40 Bq/kgは撤廃しないものの、放射能検査で検出されたものはできるだけ代替品を探すなどして避けるよう努力する。」との市の方針を表明しました(審議議事録)。このことは、これまで40 Bq/kg未満であれば検出されてもそのまま提供していた食材を、今後は可能な限り使用しないようにする、との大きな方針転換を表しています。

 

副市長の答弁を受けて、学校給食を運営する市教育委員会の今後の対応について伺うため、2012年6月27日、教育委員会との面談を行いました。要旨はこちらから。

 

 

2012/5/20 牛乳産地問題について教育委員会に取材

5/15に藤沢市HPにて発表された「学校給食の牛乳に、事前公表の産地と異なる産地が混入」した件につき、教育委員会給食ご担当者様に取材をいたしました。こちらからご覧ください。なお、本件に関して、当会はメディア取材をお受けしておりません。

 

2012/5/15 学校給食の牛乳に「事前公表の産地と異なる産地が混入」

本日、藤沢市ホームページに、平成23年4月~平成24年3月に市内学校給食で提供された飲用牛乳に関し、

 

事前公表の産地:藤沢(不足する時は横浜・平塚産)

実際の産地: 藤沢・横浜・平塚・山形・宮城・群馬・栃木・埼玉・山梨・静岡

 

との発表および謝罪が掲載されています。

 

2012/2/18 小学校給食で使用のさつまいも、セシウム合計10Bq/kg検出


藤沢市が公表する、給食食材の放射能検査結果によると、2/17に使用された、さつまいも(茨城産)はセシウム134が4Bq/kg、セシウム137が6Bq/kgの合計10Bq/kgのセシウムが含まれていました。本件に関し、当会のメンバーが教育委員会、小学校に問い合わせた問答内容はこちらに公開しています。

 

2011/12/13 【重要】藤沢市給食でアジの産地記載漏れ

藤沢市給食の産地表示にご注意を!

 

11、12月に給食で使用されたアジの産地について、市HPと学校発行の献立表に異なる記載があり、教育委員会への事実確認の結果、市HPでの産地記載漏れが明らかになりました。詳細はこちらから。

 

2011/12/10  学校給食の対策について教育委員会に聞く

取材実施日:2011年12月9日

取材対応された方:藤沢市教育委員会教育総務課給食担当者様

 

本文はこちらから。

 

2011/12/6 学校給食食材の放射能濃度について

藤沢市が公式に、「学校給食では、検査結果が40Bq/kgを超えた食材については、使用を控える」と発表しました。

 

 

市民による市民のための放射線量測定。参加者・情報提供募集中です!
市民による市民のための放射線量測定。参加者・情報提供募集中です!
メンバーやお友達が紹介する、比較的安心して食べられるもののページです。
メンバーやお友達が紹介する、比較的安心して食べられるもののページです。

Twitter