<学校給食>牛乳産地問題について教育委員会に聞く

【藤沢市給食・飲用牛乳産地の誤表示について】

取材実施日:2012年5月16日

取材対応された方:教育委員会教育総務課長、主幹、給食担当栄養士の方々

参考URL: http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kyouiku/page100334.shtml

(注:当会では、下記内容に関してのメディア取材はお受けしておりません)

 

先日5/9、藤沢市内の小学校児童保護者が、給食の飲用牛乳産地について近藤乳業への問合せた際、これまで市から公表されていた産地表示が全くの誤りであったことが判明しました。これまで市HPでは、飲用牛乳産地は以下のように掲載されていました。

 

H23.5~H24.3 藤沢、不足する場合平塚または横浜

 

しかし実際には、H23.4-7月は数回、H23.9月からは毎日、県外の牛乳(山形、宮城、群馬、栃木、埼玉、山梨、静岡)がブレンドされていたことが判明しました。

 

この問題について藤沢市は5/15、産地の訂正とお詫びをHPに掲載しました。

しかし今のところ、市や学校から、保護者あてに文書などは配布されておりません。

 この問題で当会は、昨年度の飲用牛乳を、市の産地表示や放射能測定結果に基づき「安全」と判断して子どもに飲ませてしまったことを後悔し、健康被害を心配する保護者が複数いることを確認しています。

 

すなわち、近藤乳業の藤沢産生乳は、2002年から神奈川県の環境放射能調査先に指定されており、2ヶ月に1回定期的に実施され、数値は以下のように非常に低く保たれていることが分かっていました。

 

Cs-134/137(Bq/kg):

H.23年6月 不検出(ND)/ND, 8月 ND/ND, 10月 <1/<1, 12月 <0.1/0.13

H.24年 2月 0.084/0.096, 4月 <0.055/<0.12

 

5/16、当会は、保護者への周知徹底について市がどのように再発防止策を講じるのか、市の公表の信頼性をどのように担保するのか、について、教育委員会教育総務課長、主幹、給食担当栄養士の方と面談の機会をいただき、お話を伺いました。

 

■飲用牛乳の産地誤表示について

 

<当会>保護者あての訂正、謝罪文書は配布しないのですか?ほとんどの保護者はHPを見ていないと思います。

<教育委員会(教委)>市から、というよりは、近藤乳業から、お詫びになるか、訂正になるかは今後の検討ですが、原乳の産地に差異があったという文書をなるべく早急に出していただくつもりです。

 

<当会>なぜミスが起きたと思いますか。

<教委>近藤乳業を指定しているのは学校給食会ですが、産地公表については藤沢市が担当しています。藤沢市が近藤乳業から産地実績の確認を得なかったという点は、真摯に反省をしています。しかし近藤乳業は「藤沢市が産地実績の問合せをしなかったから教えなかった」と言っている点は遺憾に思います。昨年の3.11以降、学校給食を取り巻く状況というのは、近藤乳業としても重々承知していたと思うし、食品メーカー、ましてや、お子さん方に牛乳を出している企業なのだから、そこはこちらから聞かなくても情報をいただけるものと思っていました。実際には、このような期待は、こちら側の思い込みだったということで、そのことも真摯に反省しています。また給食担当者としても、近藤乳業との人間関係ができていたこともあり、近藤乳業を信じていたし、平たく言うと裏切られた感がありなかば憤りを感じているところです。

 

<守る会>現時点で検討されている再発防止等の対応を教えてください。

<教委>●近藤乳業と緊密な情報交換をしていきます。

    ●早速、牛乳の産地予定だけでなく、産地実績を確認して公表します。

    ●牛乳以外の品目についても、産地実績を公表します。

 

<守る会>飲用牛乳の放射能検査は実施しますか?

<教委>飲用牛乳にも、他県産が混じっているということなので、調理用牛乳同様、市で定期的に検査をすることにします。

 

<守る会>牛乳については検査予定を知らせず、抜き打ちのほうが良いと思いますがいかがですか

<教委>予め2リットル分確保しておけばよく、前向きに検討したいと思います。

 

■市の給食放射能対策全般について、保護者への周知徹底について

 

<守る会>給食の産地、放射能検査結果の公表は誰のためになさっているのですか?

<教委>保護者の方全員です。

 

<守る会>市川かずひろ市議によると、藤沢市民2,000人を対象としたアンケート調査では、藤沢市の情報を広報ふじさわから得ている人が87.9%に対し、市HPから得ている人は27.4%と約1/4しかいませんでした(アンケート結果はこちら)。

ホームページを見ない市民が市の情報から取り残され、周知徹底なされていない現状をどのようにお考えですか。

<教委>ご指摘のようにやはり周知徹底されていないと思います。ただ、広報ふじさわに産地情報をすべて掲載するのは物理的に無理だと思います。

 

<守る会>例えば、献立表の裏などに、産地情報や、前月の放射能測定結果を掲載することはできませんか。

<教委>産地予定は変更になることもあるので、実績なら掲載しやすい。食品放射能測定結果は、前月分であれば可能であり実施していきたいと思います。

 

以上

 

市民による市民のための放射線量測定。参加者・情報提供募集中です!
市民による市民のための放射線量測定。参加者・情報提供募集中です!
メンバーやお友達が紹介する、比較的安心して食べられるもののページです。
メンバーやお友達が紹介する、比較的安心して食べられるもののページです。

Twitter